Top . BBS | Home  
Leela-House


ハチ公の静かな死・・ヒーリングからお墓まで、、 ハチ公の静かな死・・ヒーリングからお墓まで、、

昨日はマスターコースの日でしたが、午後3時頃突然のハプニングが
発生しました。
朝早く、不動院にお参りをすませ、帰宅途中に、川の中に(水はちょろちょろ流れてる)犬がうづくまってるのをプレムが発見しました。
気にはなっていたのですが、朝の忙しさにまぎれて忘れていました。
お昼過ぎ、プレムは、やっぱり気になる、、といって、近くの川にその犬(はち公と名づける)を探しに出かけました。
そしてあろうことか、ハチ公を、毛布にくるんで持ちかえってきたのです.
丁度セッションも終わりにさしかかっていたので、急遽瀕死の重傷者にたいするセッションに切り替えました。
ハチ公はもう虫の息でした、。身体からは、死臭ともいえる異様な匂いがでていました。
その上、腹は膨れ上がり硬くなっていたのです。
呼吸も弱く、もう生きる気力もなさそうですが、プレムとくららは、ハチ公の身体をきれいに吹いて上げ,そうしてヒーリングをしました。
暫くヒーリングしていると急に息が元気づいてきました。
時々からだを動かすしぐさも見せ始めました。
ん??!!
ひょっとして、、と思っていたのですが、その後、又、呼吸が弱くなっていき、、ついに静かになり、最後に、身体をぐっとそらせる動きをみて、完全に呼吸がとまり、、そしてその後、口を少し開け,、、そのまま動かなくなりました。
正に、ご臨終です。
その間、プレムとハチ公との間にはしばしの間、目と目を合わせ何事かを話しているようでもありました。
クララも、無心に何かを口の中で唱えていました。
ハチ公は完全に運命に身を委ねているように見えました。
ナンの抵抗もせず、ほんとに、静かに、息を引き取りました。
大往生といってもいいかもしれません、。

川からハチ公を抱えて帰ってきたプレムの行動、、
懸命に祈りを捧げるくらら、
それをそばで見守るなお君、
それら全体に流れる時間は、永遠のようでもありました。
おごそかに、粛々と、、セレブレーションが行われた、、と
いってもいいかもしれません、。


関連サイト、
タントラヒーリング
http://homepage1.nifty.com/manaso/index.htm


息を引き取った直後のハチ公

不動院の庭に埋葬されるはち公・死後約1時間

はちのお墓





このページはappleple.comプログラムで作成されています 

Top . BBS | Home