Top . BBS | Home  
Leela-House


恐るべしネガポジ法、・目の前で痛みが消滅 恐るべしネガポジ法、・目の前で痛みが消滅

>まだ、いつでもどこでも、幸せになれるわけではないので、自由自在ではないです。でも、よくよく観察してみる>と、ニュートラルなときと、幸せなときがほとんどで、落ち込んでるときや、なんかわからないけど、不幸なカンジ>がするときの方が圧倒的に少ない様に思います。それとも、今だけかな?いい加減ですね〜(^^;)なんか、昔の>方がずっと、ネガティブだった時が多い様な気がするのですが、ホントは心の焦点がそうだっただけかもしれま>せん。それが、御者が眠ってる状態だったのですかね?

りぃらはうすに、初めて、れいちゃん、が来た時は、そうですねぇ、やはり、ネガが強かったような印象があります。

それは、ネガに焦点が定まっていた、、ってことです、、。

それが、いわゆる、トラウマですね、。

いつも、トラウマに焦点を合わせているので、いつも、不快で、不安で、今を楽しめない状態です。

ネガポジを、することで、その焦点が、ポジの方や、ニュートラルの方に向かうので、

以前と、状況が変わらなくても、、不快な感じや、不安や、ネガティブなストレスが断然少なく感じるようになります。

ネガティブなストレスが少なくなってくると、、今度は、状況が変化し始めます、。

つまり、心は、環境を創造する原動力になりますから、当然、心が変化することで、環境が変化してきます。

これが、体に現れたものが、病気であり、、、こころが変化することで病気も、変化せざるをえなくなります。

昨日のクライアントさんも、、それを、目の前で見せてくれました、。

彼女は、もう、かれこれ、10年以上も花粉症で悩まされていたのですが、、今は、花粉症の時期が過ぎてしまい

症状としては、あらわれていませんが、、来年も又、花粉症になるのは、必至、、だと、言ってました。

問題は、それと、、もう一つ、、今年の2月から、左肘が、痛んで困っているということでした、。

そこで、いろいろ、事情をききだし、、問題点を整理し、、白板に書き出しました。

そうして、、核心をつくような出来事、と、ネガティブな思いを、列挙し、、それに、ネガポジをしました。

そう、、例の、ダイナミック、カタルシスをやったところ、、

左肘は、、嘘のように、痛みが消えていました。

本人もきょとんとした、顔をしていました、。面白いので、皆で笑いました。笑、、はっはっは

花粉症は、来年にならないと、判別はでませんが、、

私の、見立てでは、、完治、、、です。

さあ、、可愛そうな、、、花粉症さん、、もう、さよならです、、。又会うことは無いでしょう、、

なぜなら、、彼女が、其の原因を自分で取り去ったからです、。

誰かが、、取り去ったのなら、、又、やってくる可能性はありますが、、

自分の理解で起ったことですから、、もう、花粉笑は、笑うしかないでしょう、、。笑

こんな感じを、理解できれば、人は、ほんとに、自分自身の環境の創造主だといえると思います。

ということは、、、どんな環境でも、それは、自分に責任があるっていうことにもなりますので、みなさま、どうぞ、

心を、浄化し、いい環境つくりに、お励み、、ください、。

らぶ じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関連サイト、
タントラヒーリング
http://homepage1.nifty.com/manaso/index.htm
瑞宝さん・「潜在能力開発への道」
http://www.mvth.net/mvth/index.html

痛みが消滅、っていっても、尻尾まで切るこたぁねぇだろう、汗





このページはappleple.comプログラムで作成されています 

Top . BBS | Home