掲示版 | Home  

届かない声

ニュース
a-Column 1.31+

援助交際

実は自分、専門分野として、売春行為をする十代少女の声を集めるフィールドワー クをしているんですが、感じるのは親の世代の価値観の欠如と美徳の喪失です。 この影響は根深いです。

渋谷なぞを取材していると、女の子が道端にタンを吐き捨てるのをしょっちゅう 見かけます。街頭取材中にずっとタンを吐いてる女の子(14歳)もいました。
10秒に1回ぐらい吐くんですよ。

ポプラ(コンビニ)でおにぎりを買って出てくる女の子をウオッチしていると、 まるで足跡を残すようにゴミを残していきます。
まずコンビニのレシート、次はビニール袋、次はおにぎりのテープ、 右側のビニール、左側のビニール、最後に海苔がパラッと散って、タンをペ! 価値観の崩壊というよりオイ人類か? って突っ込みいれたくなるほど。

さらに、実は援助交際している女の子たちの実態は、メディアの報道とは大幅に かけ離れています。偏差値低そう(あえてこの表現)な学校に行ってる子や、い わゆる日本語を話せないギャル系みたいな子たちは、実は援助なんてしません。
実際援助をしているのは、驚くほど真面目で頭が良くて優秀で思慮深くて普通な 子たちばかりです。メディア全般、報道するのは大嘘ばかり。信じらんない。

で、ここで話がもどりますが、あかあむの言うメディアと文化と生活と。
彼女たちの親の世代の迷いが、そのまま鏡のように少女たちに反映しているのが 感じられるんです。 思慮深くて悩む女の子ほど援助をする。彼女たちにとって援助はオリジナリティ の創出だったり停滞からの開放だったり、場合によっては「箔」だったりします。 金のために援助している女の子なんてほとんどいないですよ。
そしてあんまりモノ考えるのもウザいというタイプの子達は、我道を自由に突き 進むことで自分の表現をしたり。タン吐きすらある意味我が道なんですよ。

自己表現や自己解決のできない大人が、不器用な自己表現しかできない子供を育 てます。援助交際をする女の子と話して感じるのは、背景にある未完成な家族な んです。

まとめます。
雑誌メディアが全て悪いとは言いませんが、戦後の指標なき日本に文化と精神性 を定着させられなかったのは、ネタだけを追うテレビと現状を嘆くだけの新聞と 流行だけを追う雑誌の責任、自分もそう考えます。

長くなりました。援助少女たちの「届かない声」はいつか書籍にするなりWOM BATの体裁の中で伝えていければと思っています。

それにしても、腹が減りました。

鈴木大介



[an error occurred while processing this directive]
掲示版 | Home